ホーム 全芸連について 入会 各種申請書類 入国ジャーナル リンク お問い合わせ

支部会員募集中

翻訳・通訳

支部マップ

理事長ごあいさつ
 業界の健全な発展を目指して
 国際社会の発展に伴い、我が国と諸外国の人的交流も増加の一途を辿り、入管行政はますます多様化しているところです。

 我々の業界においても、在中資格「興行」の外国人芸能人の著しい増加により関係機関から在留資格の適正化を指摘されています。
 一方、法務省入国管理局は「興行」資格で在留中の、外国人芸能人の出演先実態調査が実施され、多くの出演店及び招へい業者の違反行為が指摘される結果となり、それに伴う基準省令の改正が平成8年9月に行われ、現在に至っています。

 我々は、法務省入国管理局の指摘を真摯に受け止め、業界全体の体質改善を早急に取り組まなければ、今後の外国人芸能人の円滑な受け入れ、及び将来我が国における外国人芸能人に携わる業界の展望が危惧されることを認識しました。

 その方策を真剣に議論、検証したところ、招へい業者と出演店の過去の体質を払拭し、出演店を含めた業界の一本化が今後の業界発展になることで意見が一致しました。

 各地域に相応した、研修会の開催及び巡回点検指導等を通じ、招へい業者及び出演店に自主規制を警鐘、特には、支部活動に重点を置いた自主規制の推進を図ることにより、我が国における外国人芸能人の円滑な受け入れを目指すため、この度「全国外国人芸能人事業者連絡協議会」を設立する運びとなりました。

 今後は、法務省及び関係機関の指導並びに協力を得て、地方入国管理局単位に支部を設け、近い将来は全国の地方入国管理局全地域に支部を網羅させ、研修会などを通じ自主規制の認識を一層高める一方、随時、出演店の巡回点検指導を行うなど、我が国における外国人芸能人の在留資格の適正化に努力する所存であります。

 
Copyright and disclaimer (C)2005, Zengeiren,